がんばりすぎ

がんばりすぎはいけないが、一方でなまけていたのは認めるべきだ。

その上で、いつでもなまけることはできる ということを理解する。

そこを理解すれば、がんばることも遊ぶこともたやすくなる。