人の主特性

人工知能というと、よく創造性とか感受性とか発見能力みたいな話になるが、

人の主たる特性の大半は、繰り返しの処理である。

指先をつっつかれたときの反射、文字の入力、多量の文章の作成~同じ道の運転~1日の起床から寝るまで~年中行事、さらに数秒前から数年前の過去の想起など、タイムスケールは個々に異なるが、

あらゆるタイムスケールにて、繰り返し処理を実現できているのが、人のもっとも特徴的な特性である。

その繰り返しを微修正していく部分を強調して、発見能力や創造性と呼ぶことがある。

無秩序な事象を繰り返しのパターンの組み合わせとして生成する能力が、もっとも人の主たる特性である。

これをあらゆるタイムスケールで実現できる機械が求めるべきものである。

P.S.

生成した繰り返しパターンに、言葉によるラベル付けをして、他者への伝達や蓄積を可能にしたものが文明である。

P.S.2

人の特性が繰り返すことだというと、人を機械かコンピュータのように扱っていると思われるかもしれないが、コンピュータは繰り返しを自分で微修正できない原始的な道具である。

人の特性が繰り返すことだからこそ、その人の仕事を手伝わせる道具として、繰り返しが得意なコンピュータが有効なのである。

繰り返しを抽出したり微修正したりするのが人間の特殊な特徴であるが、主たる機能と言えば繰り返す機能と繰り返しを検証する機能である(繰り返しの検証についてはまた後で)