大好きと言えるものが減ってしまった

大好きと言えるものが全体として減ってしまった。

そのことそのものは、私の思考する生命としての危険を意味することだと薄々感じてきている。