目の一つ

テキストを単純にスキャン出来るだけではダメのはず。

注視点の概念は必要である。

口も概念や設計思想、検討にはとうの昔に入っているのだが、それはまた別の話ですることになる。