道はあるのだ

道がないというのは勘違い。

今まで山ほどの人が似たような道を生きてきて、そして今も生きているのだから、誰にでも道はあるのだ。

お得な道、損な道というのは確かにあるのでよく考えることだ。ただ、道がないとか、ハズレとかいうことはないのでそこは安心してよい。脇道が見えていないだけのこと。損に見える道もよく見てみるとわりとお得なとこもあったりする。

自分が歩いた場所が道になる とまで気張らなくてもよろしい。

誰かよいと思う人のまねをして、そして少し自分らしい工夫を加えれば十分なのだ。