どちらもない

暗いだけの未来も、明るいだけの未来もどちらもない。

あるのは、両方が混在した未来だけであり、それは確定である。

だから迷わず生きてよいのだ。