高見

高見には一度は行ってみたいものだ。

でも来てみればそうたいしたものではないというのもわかる。

そして居続けることがものすごく難しい場所だというのもわかる。

行き着くのは一度で十分なのだ。

でも行こうとする過程が楽しいから、つい高見へ足を向けるのだ。