一流

残念ながら一流にはなれない。

一流というのは、ラベル付けするのが好きな人が作るもので、実体を作る人が作るものではない。

それに一流という内容に即するほど多才でもない。

一芸もどこまで通じるかわからない。

でも一芸に自信を持たせ続けるしかないのだ。