日なたと陰

日なたで働く人と陰で働く人がいる。

それは理解して欲しい。

日なたで働けば、多くの人にちやほやされる。だから若い人は日なたで働きたがる。

でも、皆が日なたで働きたがれば、ただのめだとう精神の集まりになってしまう。そしてそこには成果が結実しない。

日なたになりたがるところまでは問題ない。がんばってアピールすればいい。

ただ、陰で働くことになっても、落胆したり卑下したりしないで欲しい。

直接に実を作る働きは、陰の仕事の方が大きいのだ。

P.S.

かつては陰で大きく活躍した人が評価されて日なたに出ることも多かったし、そういう期待も持てた。今はそれを保証する仕組みはあまりない。どちらかというと組織のカルチャーに関わる問題だし、日陰の努力を評価する仕組みは定量化が困難なことが多いからだ。それを評価する仕組みというものが作れるのかどうかはわからない。

ただそれでも陰の仕事の重要性は変わっていない。

日なたで働く人と陰で働く人がいる。

それは理解して欲しい。

日なたで働けば、多くの人にちやほやされる。だから若い人は日なたで働きたがる。

でも、皆が日なたで働きたがれば、ただの目立とう精神の集まりになってしまう。そしてそこには成果が結実しない。

日なたになりたがるところまでは問題ない。がんばってアピールすればいい。

ただ、陰で働くことになっても、落胆したり卑下したりしないで欲しい。

直接に実を作る働きは、陰の仕事の方が大きいのだ。

P.S.

かつては陰で大きく活躍した人が評価されて日なたに出ることも多かったし、そういう期待も持てた。今はそれを保証する仕組みはあまりない。どちらかというと組織のカルチャーに関わる問題だし、日陰の努力を評価する仕組みは定量化が困難なことが多いからだ。それを評価する仕組みというものが作れるのかどうかはわからない。

ただそれでも陰の仕事の重要性は変わっていない。