美しき欲

人は生まれて、欲を植え込まれて、欲を晴らすために生きて、欲を晴らして帰る、 という視点もある。

一行で書くと愚かしい文に見えるが、人の動作原理はそういうものなのだから、もし美行にこだわりたいのなら、美行を自身の欲にするように自身を鍛える必要があるということだ。

それはなかなか大変なことかもしれない。

しかし嫌いな考え方ではない。