小説いろいろ

とりあえず最近読んだ小説について少し(^^

神林長平 敵は海賊・短編版

神林長平の造語感はあいかわらずなのですが、まぁあくまで短編ということでそこそこかなー。やっぱりこの人の作品では火星三部作とかプリズムとかそういう方向性のほうが好みかも(^^

東野圭吾 さまよう刃

勧められて読んだ本です。サスペンスものには慣れてないので、一番最後のどんでん返しがどんでん返しだと気づくのに少し時間がかかったりして(^^;

サスペンスものとしては中盤の前半から中盤への展開も含めておもしろかったです。

でも思うのだが、「登場人物に共感するか?」 と言われるとちょっと違うのでは(^^;

SFフィクション映画は視聴者の視点は登場人物のやや斜め上だと聞いたことがあります。つまりフィクションものは感情移入はあっても基本は第三者視点から見るものだと思ってまして、自分ならこの状況に立たされたらいやだなーとかこの人嫌いだなーとかいう感想はあっても、共感するかと聞かれたら誰にも共感しなかったとしか言いようがないわけで(^^;

まぁサスペンスに読み慣れてないからかもしれぬ。