わりといいアプローチであるな

Twitter側でも書いたが

「本を書いてみませんか?」――ブログ感覚で電子書籍を作成・販売 ペパボ「パブー」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/22/news053.html

わりといいアプローチだなーと(^^

いや、やってることは単なるブログの電子製版なのだけど、それを今風のタダじゃなく少額販売の枠に乗せたのはいいとこついてるなと。

元々、タダビジネスが元々のフェアトレードビジネスを無責任に破壊するのはどうかなーと思っていたので、こういう枠組みは興味深く見てます。

ただ、これもよく見ると出版社がそれなりの経費をかけて紙出版していた枠組みを低価格・自動化・個人ユースに落とし込むことで、出版社の既存ビジネスを奪い取って壊されかねない仕組みなので、出版社さんはイヤでしょうねー(^^;

それでも、インターネットが情報コンテンツのタダ化をしていた流れから行けば、それに少額でも値段を付けますって流れはよいと思うのですよ。

特に今までこの枠に乗れてたのはiPhoneとかAndroidとかである程度のプログラムスキルのある人だけがやれていたものを、文章書き・絵描き好きの人にまで広げるのはお小遣い循環的にもいい話と思います。

個人で本を出しませんか、ってのは昔からある夢話の一つだしそういうのが好きな人は多いと思いますし。

まぁしばらくたてばiPhoneやAndroidのマーケットと同じように、ほとんどが埋もれてしまうでしょうけどね(^^;

私も試してみたくはあるが、絵心がないものだからなー(^^;