ニューラルエミュレーションツールとその研究と実験

もうこれはおそらくライフワーク。

かなり形が確定したと思い込んだ状態からすでに、内部仕様はV6とまで変遷。

いつできるのかわからないような代物なので、直接に発表の機会もなく何度も作って、作り直してきたもの。

ただV6は結構いい線が出せそうだと予想している。

この部分についてはまた別途、記述する予定です。