よく読んだ小説を少し読み直した

読む本は昔から技術書が多くて、小説は実のところあまり読んでません。
子供の頃の愛読書が、トラ技やインターフェースって人だったもので(^^;
小説とかを読み出したのは社会人になってからで、かつ社会人になってもやはり愛読書のベースは技術書だったので、小説も多数の作家を読んでるわけではなく偶然に読んでおもしろかった人の作品を読む込むって形でして。
で、そういう形で読んだ好きな作家は、ミヒャエルエンデと神林長平です。
先日チャットで話していて、好きな作家という話になったので、買ってた本を少し読み直してみた。
ミヒャエルエンデは、基本的に童話作家なので表現が読みやすいのに、観念のえぐいところをひっかき出すところがやっぱりすごいな(^^ まぁドイツの作家なので、やや翻訳癖や文化の差みたいなところがありますが。(ドイツ語は学生時代にごく入門だけ習ったけど、英語とも違って独特の癖があるのでよく翻訳できるものだと感心もします)
神林長平は、言語センスがよいというのを改めて思いますな。流暢というわけでもなく、読みやすいというわけでもなく、でも文に音素が常に乗ってるようなセンスというか。
と、改めてみるとどちらもわりと理屈っぽい作家であるような気もするな(^^;