汚いものを触る教育

志を持つことは必要。未来のために必要。
汚いものを触れる体験も必要。幸福のために必要。
そういうところを学べる機会が減っているのかもしれない。