読み返してみる

昨日の夜にちょいとこの書庫を読み返してみた。
青臭いことも書いてるなーとか思いつつも、自分で納得できる言葉だ。
どちらかというと、自分で自分を調整するための、自分に向けての言葉である。
「ああ、そうだ、確かにそこが自分の方向性である」と自分に教えられる。
逆にいうと、少しずつ自分の軸にもずれが起きているのだ。
戻さなければならないずれを自分に戻し、新たに追加していくべきずれを自分の中で熟成させてさらに書き込んでいくことになるのだろう。
そのうち、若い頃に書いた憂鬱な文も再記述すべきなんだろうな。
その前にブログを引越したいかもかなー(^^;