ぐるぐる と つぎつぎ

物事が
ぐるぐると回っていると感じるときは悪いと感じるときで
つぎつぎに配られていると感じるときは安心なときで
つぎつぎに取り出していると感じるときは気持ちよいときなのだ。
つぎつぎ というのは、大きな時間で見ると、実はたいてい大きなぐるぐるである。
また、つぎつぎ が慣れていくと ぐるぐる に変わっていくという面もある。
ぐるぐる と つぎつぎ は本人にとって明らかに気分が異なるのだが、実は単に心の持ちようの場合が多い。
P.S.
と言っても、本質的に、すべてを大きく変えなければならないときもあるし、単に考えようを変えるだけで済むときもある。ただ、持ちようを工夫してみる価値はある。