命は慈しむものではあるが
保護しなければならないほど弱いものでもない。保護するのが当たり前と言われるほど落ちぶれるわけにはいかない。
道半ばで倒れるも本望。
自分に対しては、そのくらいの気概で生きたいものだ。そこまで強くなかろうとも、そうありたいと願う。