誇りと無念

誇りと無念は戦う者のみが持つ概念である。
自らが作るものと戦い続ける者としては、常に片隅に覚えておきたいことである。