いつものことを常に少しずつ変える

いつものことを常に少しずつ変える。
変えないのは一番いけない。
少し変えるときに、ちょっとだけ、よいと思える方に変える。
まずかったり、つらかったりしたらちょっとだけ戻して、また別のほうに変える。
そうしているうちに「あっ!なるほどねー」(アハ体験)に行き着くものだ。