100点と0点

物事や人を100点か0点かに見てしまう考え方はシンプルでわかりやすいが、根本的に誤った考え方である。
社会や生活の中では30点で十分満足できて、70点なら赤飯を炊いて喜ぶくらいの大成功なのだ。
その視点ができるまで前に進めないだろう。