いいことをしても悪いことをしても

シンプルだがよくある問い:
いいことをしても悪いことをしても同じ扱いというのなら、悪いことをしたほうがいいじゃない。
現時点の答え:
いいことをしても悪いことをしても、幸福になれる人は結局同じ程度の割合しかいない。
むしろ、いいことをがんばった人も悪いことをがんばった人も、なにもがんばらない人に比べてメリットを得る可能性が高くなる。
どちらを選ぶかは自由。あとは本人の品の差と嫌われる人数の差だけだ。