記憶を大事にする人は

記憶を大事にする人は
過去の自分から責められないように、今を臆病にしすぎるのかもしれない。
それはおそらくあまり正しくない。
今をきちんとみて、今を楽しく生きることでこそ、楽しい過去が生まれる。
記憶には小さな思い出の品があれば十分なのだ。