嫌いな人からこそ技を盗むべきだ

自分が嫌いな人が使う、嫌いな技(振る舞い、癖、行動パターン等)を学習して盗むのはよいことだ。
その技を習得して使えと言っているのではない。
その技を習得すれば、その技から逃げ切る方法も分かるようになるから。
そして、自分にない技を習得しておくというのは
自分が本当の窮地に陥ったとき、その技が有効なことが多い。
窮地に陥るのは自分の基本パターンが通じなかった状態だから、その状況下では自分のパターンではない技が有効であることが多いからである。
そしてできれば、その嫌いな技を自分なりに加工しなおして、自分に合った技に変えるとよりよいと言える。