R.I.P-Mixed Mode Monitor(未発表・未完成)

Mixed Mode Monitor(未発表・未完成)mmm.gif
やろうと思って、やれなかったアイデアは山のようにある。しかしMixed Mode Monitor(以下MMM)はあと少しがんばればリリースできたと思う。
aboutmmm.gifMMM はPowerPC命令とM680LC40エミュレート命令の実行比率をモニターするApplication+Fat INIT形式のソフトである。MacがPowerPC第一世代に移行した当時、エミュレートで実行していたM68命令が遅いという話が話題(AfterDark問題が有名)になり、「現実の実行比率をモニターするソフトを作ろう」と思い立ったのが始まり。MMMはMixed Mode Managerのフックに直接食い込み、そのスイッチング・各コード実行比率を実測し結果をリアルタイムでモニターアプリケーション側で読み込んでナムコのスターブレードばりの半円形メーターに表示するというしろものである(後述のLexyもそうだが、この種の無茶は得意技である)。これを実現するために MPW(Mac用UNIX shell like開発環境)でPPCとM68Kコードの切り替え付近を逆アセンブルするわ、一部PPC/M68Kコードをアセンブラで手書きするわ、かなり手のこんだことをやった。しかし当時仕事の方が長い修羅場に入り、手が空いた頃にはAfterDarkも修正され、PPCソフトも増えていた。安定度もいまいちで実装不備もありリリースを断念。
やっぱり現在のOSでは動かないのでスクリーンショットが取れない。せめてスクリーンショットを取ってからしまい込むべきであった。代わりに予定していたAbout画面を掲載です(ちなみにこの絵の回りをPPCとM68のチップが飛び回るというアニメーション入りでした)
(記述時期 1999年頃)