Read JText for BeOS というわけで、Read SJISをきちんと書き直し中です。 Read JText for BeOS : 一般日本語コード-UTF8変換ユーティリティです。 以下に開発途中版のスクリーンショットです(^_^) 設定画面の一つ rj1.jpeg 変換中画面の例(うむ、画面の一部がちとおかしい(^_^;)) rj2.jpeg 特徴 * Tracker-addin & Application構成 * マルチスレッド実行 * エンコード自動検出を含め、比較的多様なオプション * コマンドライン実行対応予定 * 二か国語表示 * Apple BalloonHelp/MS ポップヒント likeなヘルプシステム ありきたりと言えばありきたりなUTF8変換ユーティリティですが、これを例題にBeOSのプログラミングデザインと一般的なAPIは読んでしまうつもりなので、結構ていねいに仕上げる予定です。 まだ未実装箇所かなりあります(^_^;) だから仕様は確定ではないので(^_^;) 前作の「電脳バカfor MacOS」が初期スクリーンショット公開から、リリースまで1カ月くらいかかっているので、今回もまだしばらくは出ないでしょう(と言っても1カ月まではかかるまい) あと、ちょっと別ものでジョーク系のソフトも基本技術の検証ができました。 ジョーク系の方はあくまでジョークなので、完成度のいかんに関わらず出すかもしれません。(下手するとこっちより早く出るかも(^_^;)) といいつつやっぱりジョーク系を先にしてしまいました(^_^;) → Lexy for BeOS ここのトップへ (記述時期 99.4.19)