とりあえずBe

とりあえずBe
現時点でのBeのおもしろさはやっぱり「未完成」さですな☆
まだ「必要だけど一晩で作れるアイデア品」が結構あったりする。こういうところは他の完成されたプラットホームでは味わえない。
* Lexy for BeOS
* Read SJIS -> Read JTextへ
* Be-TalkJサーチ用Component X Search文書
Read SJIS
Beのプログラミング練習がてら、ちょっと気のきいたものを作ってみました。
Read SJISというS-JISファイルをUTF-8にクイック変換するTracker Add-insです。ppc版とx86版と両方一緒です。
まだ試作なので、エラー処理がほとんど入ってないので注意してお使いください(フリーウエア)
簡単に説明すると
BeOS を立ち上げていて、HFSやFAT側のボリュームに置いていたテキストファイルを読みたいと思ったときに私はボリュームマウントしてファイルを取ってくるわけですがその時SJISファイルだったりすると、Terminalとかを立ちあげてxtou変換コマンドでUTF-8に直して読んでいたわけです。
それをTrackerから直接変換を呼び出して、変換済みのデータをGobeとかにドロップすると楽かな~とか思ったわけです。(ちなみに、FileTypeの設定でtext/plainのPreferred ApplicationをGobeに向けると、直接Gobeが開きます)
複数ファイルを選択して、一気に変換もできますし。
あとLF+CRやCRをLFに統一するので英文のDOSやMacのテキストについても改行を正して表示できるし。
現時点の注意が一つ
バイナリーファイルを食わせるとTrackerがお亡くなりになることがあります(^_^;)(add-in内で今は変換させているので、その辺が危険☆)
一応、ファイル属性がtext以外の時は警告ダイアログを出すようにしてますが、コピー直後のファイルは属性が正しく認識されてないときがあるので、変換実行も選べるようにはしてあるのですが・・・
Read SJISは、次に出すときは以下の機能をつける予定です
* エンコード自動検出(Read Japaneseになる?)
* Add-ins & Application構造になる予定(これによりTrackerをコカさずに済む)
* 作業ファイルの扱いオプションをいくつか選択可能
* Preferred Applicationを設定可能
* マルチスレッド化予定
Read SJIS(即席SJISコンバータアドインfor BeOS R4 ppc & x86)
Be-TalkJサーチ用Component X Search文書
Be-TalkJメーリングリストアーカイブを検索するComponent X Search(Sherlockもどきの検索エンジンドライバー。以下,CX Search)文書です。
日本語検索OKです。デモ版のCX SearchでもOKのようです。サイト管理者のサイトさんにも公開してもかまわないと返事もらっています。
Be-TalkJアーカイブ検索用Component X Search文書
まだBeOSのアトリビュート管理の仕組みを良く理解していないので、ダウンロード直後の解凍時にアトリビュートが「Application/octet-stream」になってしまいます。
CX Searchに認識させるためにFileTypesで「application/x-vnd.CX-SearchDocument」に変更(もしくはSame As…)してください。
Component Xサイト(デモ版ダウンロード可能)
(記述時期 2000年前後と思われる)