バテンカイトス2

ようやくバテンカイトス2が終わりました(^^ カードバトルが非常に楽しいです。
噂に聞いたバグですが、ちょっち引っかかりました(^^; セーブをやり直すタイプのバグではなく、「あれ、この課題はクリアしたはずなのに、なんで話が最初に戻るの?」ってタイプのバグです。これはしらみつぶしにNPCに会話してまわる人はもれなく遭遇するんじゃないかなー。結局Webで攻略情報をチェックしましたが、結構痛いタイプのバグだなー(^^;
それを除けばおもしろかったです(^^ あらゆる物をカード(マグナス)にすることの出来る世界。2つの異世界を交互に行き来する謎とその結末。主人公とプレイヤーの関係のひねり方(プレイヤーは主人公ではなくサギに憑依している精霊というスタンス。ただ中盤が解説っぽかったのがちょいと気になりましたが)
あとちょいと気にかかったのがイベント会話でボイスを出すかという点で。。。
(仮の例 こういうセリフがあったかどうかは忘れましたが)
ミリィ「いつでも(プレイヤー名)は、あなたのことを心配してるのよ!」
サギ「(プレイヤー名)が気にかけてくれるのはわかるが僕は引けないんだ!」
という字幕が、音声をしゃべらせると
ミリィ「いつでも は、あなたのことを心配してるのよ!」
サギ「 が気にかけてくれるのはわかるが僕は引けないんだ!」
としゃべってくれまして。。。 後半はわりとこういう歯抜け会話にならないように開発側が調整したのかなーと思えるところがありますが、ちょいと悩ましいところでした。ボイスは聞きたいけど、雰囲気を楽しむなら昔のゲームっぽくボイスをオフにしたほうがいいかもしれません。
話は「世界の存亡をかけた神魔の戦い」みたいな壮大(誇大?)な設定というわけではなく、「国家連合の崩壊と暗黒時代を作り出そうとする巨悪を討つ」っぽい枠組みですが異世界の行き来(おそらくバテンカイトス1の背景ストーリー)がからむことで物語の広がりが作られています。時代設定はバテンカイトス1の前だから、神魔大戦っぽくなってるのは1のほうなんでしょうね。
バテンカイトス1のほうも興味がありますが、レビュー記事とかを見ると2のほうがバトルシステムが洗練されてるっぽいとのことなので、1はしないかもかなー。となると攻略本くらいは買って話の筋を読んでみるのもありかな?
もちろんBGMはグッドでした(^^