県庁の星

これは見ねばと思っていたのですが、年度末のばたばたが続いていたので、やっと見てきました(^^
予告編をみたときに、なんか共感しやすい話だなーと感じたのがまず一歩でして。
いや官公庁に勤めたことはないんですけどね。でも大手にいたこともあれば、中小にいた(いる?)こともあるし、OJTみたいなことも結構やらされたし。
理屈が先走って使えない若手という立場になったこともあれば、理屈が先走って使えない若手を使う立場になったこともあるもので、登場人物のどの人の立場でも概ね共感ないしは こんな人いたなーとか思ったりで(^^
もちろん全体にあくまで楽しませてくれるエンターテイメントなのですが、話がドカーンと膨れて大団円になる形ではなくて、自分の背丈に近いあたりの話でニヤっとさせてくれる怪作です。
空想・架空設定になるSFやファンタジー・歴史・アニメ系と現代設定になるドラマ系と分けたとして、ドラマ系だとすると、突拍子もない設定やディープなラブロマンスよりは、このあたりの話のほうがリアリティや共感できるのでおもしろかったです(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA