どうぶつの森 姪っ子とDS通信

姪っ子は昨日、DS版どうぶつの森をはじめたばかりなものの、GC版は結構いっしょに遊んだので、一通りの操作は把握していたり。まだ表示はひらがな設定ですがw(そういえば、このひらがな設定は助かるなー。GC版のときは画面のメッセージを読んであげるのが大変でしたw まぁ絵本を読むような感覚もあるのですが、いちいち全部のメッセージとなると、なかなか大変)
姪っ子から、私の村に遊びにくることに。もんばんさんに話して開始です。
かたことでもDSチャットを使ってくる。やるなw でも目の前にいると、口頭会話がメインで要所にDSチャットという感じになります。
「どこー?」、「たぬきちのお店だよ」、「さがすねー。あ、海岸だ」 結局、こっちから出向くw いたいた。お気に入りなのか、まだ帽子を買っていないのか、オリジナルデザイン帽子です。
ご挨拶代わりに 虫取りあみで「パコ☆」っとたたく。こういうのは野良だとなかなかできないですね。
とりあえず魚釣り大会から開始です。Wi-Fiでもそうですが、通信状態だと大物や珍しい魚がつれやすいみたいです。金魚を釣り上げました。あとでフータくんとこに持っていかねば。釣りで魚が満杯になったので、売り出しへ。「どこー?」、「たぬきちの店ー」、合流後に美容院にも入ったみたいです。「(美容師さんが)かわいー」、「散髪してもらった?」、「お金がなかった」。といいつつ、2Fにいってじゅうたんを試しに開いている。近くにいると、じゅうたんのおためしはそのまま見えるんですねー、発見ですw 「お洋服はないの?」、「隣の店だよ」。
2人して、ばたばたと隣のエイブルシスターズへ。
とりあえず物色しつつ姪っ子が買ったのは、あかちゃんのぼうし(かな?)。そしておもむろに服をお着替え。既製品ではなく、無地の布かな。頭から胴体まで、真っ白な服で店を出る。
「どこー?」、「どこでしょう?」 いきなりかくれんぼ、おいかけっこ大会へw
全身白い服は、雪の季節にはよい迷彩服です。どこかの家にもぐりこんだらしいのですが、目の前で遊んでいるので、どうぶつさんのお部屋のBGMが聞こえるんですよね。BGMをヒントにどうぶつさんの家へ。「お部屋の音楽きこえた。こっちの家だなー」とわざと声をだしていう。「あー、逃げよっと」。
Wi-Fiだとなかなかこうはいきません。追いかけっこだけで盛り上がるのは、やはり対面でのDS通信の利点です。
最後にはお互いに、むしとりあみを出して、パコパコ叩きあい。「おもちつきみたい」。私はピコピコハンマーの感覚だったのですが、このへんの感覚は世代差というより、年齢差でしょうねw
そろそろ昼ごはんも近いので、いったん終了することに。 村の果物をいくつか持って、帰っていきます。
「植えるの?」、「売るの!」
この歳で変に計画性を主張されるより、このほうがよいなーとw