AIが生み出す工数は公益化すべきと思うの

A工数:まだAI/OA/FA/ロボット類では置き換えができない工数

B工数:AI/OA/FA/ロボット類では置き換えができない工数

 

A工数を精査して、B工数に置き換えを検討していく(AI技術の進歩監視と業務内容の機械向け定型化検討など)また将来置き換えが出来そうな工数候補を見積もっておく。

B工数を受け持っていた人員を、A工数を対応できるように再教育を進める。

大半がB工数化した業務は、完全機械化に駒を進める(運用監視はA工数でかつ安全のため減らせないだろう)。将来的には業務そのものを公益化し、公的な管理専門会社に移管する。

公益化した工数が生み出す利益は、ベーシックインカム財源や老齢年金的なところにあてがっていく。

まぁ誰か現実的なプランに整理してくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA