鬼トレの調子がわずかによい

いらんことでもいろいろ考え事を集中しているときが脳にはよいのだろうなー。鬼トレはたまに続けている(鬼めくりだけですが)けど最近若干ポイントが高めに出ている。まぁいいことだろう。

openAiのuniverseみたいなものはずいぶん前に欲しかったもので、一時は自作環境を作ったのだが共通基盤がないと他者に説明することが困難なのよね。

ただ、報酬のハンドリング方法は違うし、外界をVNC+ベクター画像で認識させるのではなく、すべてアローキーも含めてテキストの塊で処理させる形でしたが。キーボードエミュレートドライバとかも作ってましたが。でもそれを変な人ということでなく他人に説明可能な時代になったのはありがたい気がする。

めがみめぐりを少しやってるけどゲームと考えると厳しい気がする。音声合成とかLive 2Dとか頑張ってるのはわかるけど、現状では愛玩暇つぶしかなー。どちらかというとこれで作った技術を今後他ゲームに応用するとかにいいのではないかという気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA