2014/06/13

おそらく多くの基礎技術で人工知能の発明が成立する土壌が整理されてきていると思う。

ただ私はそれが実現されるには、少なくとも時間間隔を情報単位とした情報処理系が必要だと考えている。でも科学的手法は「時間」の取り扱いが本当に難しい。

「誰がいつどこでやっても、同じ前提条件なら同じ結果になる」のが科学的手法(他者に伝達可能であることを保証する条項、本に固定的に記述できることを保証する条項)の前提だが、時間間隔を基に作った巨大な情報システムの場合、同じ前提条件というのを作るのが著しく難しいので、科学のまな板に乗せることが難しい。

しかし膨大な量のストレージシステムを持つようになってきた時代なので、この問題は近いうちに限定的にでも解決できるのではないかと思っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA