2014/06/09

なんか急に人工知能関係の話題が増えてきている昨今。

まぁ流行の周期にまた来たのかもしれない。

ただ前回の流行に比べると、今回はCPUの大幅なパフォーマンスアップに加えて、インターネットをベースとした知識ベースの元データが存在している点は大きい。

知識ベースが重厚になれば、推論機械は間違いなく賢くなるし、現実的な実用性も出てくる。

ただ時間の間隔と繰り返しを基にしたシステムとして構築しなければ、アウトプットはよくて「便利な推論機械」であって人工知能ではないと思う。その場合、今回の流行も流行で終わるだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA