ロストオデッセイ総括1

ロストオデッセイコンプしました(^^
全体に言うと
「よく出来てて面白いが、ちょい気になる点もある」ってところでしょうか(^^
ストーリーは(設定のわりには)単純明快です。もうちょいひねってもいいのかなーとも思うくらい明解です。この辺は善し悪しですが、意味なく難解になって「結局なんだったんだ?」ってなるよりはいいのかみしれません。
戦闘システムは完全なコマンド式です(ややアクション要素を入れてますがアクションはおまけですね)。逆にコマンド式なので、敵の特性がつかめないと序盤であれ終盤であれ簡単に全滅するのですが、1回負ければ次回の対策は分かる程度なのでよいバランスだと思います。
戦闘に関してはローディングですねー問題は(^^; 美しいは美しいものの、さすがに毎回背景を流されると辛いものが(^^; このあたりはHDDを使わなかったためとか、ここまでグラフィック入れるとやや仕方がない状態になったのか(^^; 少々LV上げしだしたりするときついものはありました。
全体に一番評価に困るのが
「ロストオデッセイ本編と千年の夢が両極端の個性を出している」というところでしょうか(^^;
千年の夢(主に主人公を題材とした短編のサウンドノベル集)は非常におもしろかったです(^^
ロストオデッセイ本編の流れは知られているようにFF的で(若干クサいくらいの)シンプルなヒーローストーリー(^^
両方が同じ主人公の話とはとても思えないわけですなー(^^;
個人的にはミンは千年の夢にでてくる感じのほうがおもしろいと思ったり。
と時間なので続くと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA