懐かしい会員カード

最近、身の回りのいらないものを少しずつ整理しています。

俗にいう断捨離的なことですな。

で、非常に古い会員カードとかクレジットカードとかが出てきたので、その中で少し珍しいものを紹介(さすがに個人情報はマスクします)

AIソフト会員カード、JASクレジットカード、ASCIIクレジットカード、紀伊国屋Webカード、T-Zone会員カード、システムソフトクレジットカード

フロムソフトウェア会員カード、msdnメンバーカード、JUSTシステムメンバーカード

ZUNTATAメンバーズカード、GAMERSメンバーカード
少し別物でRayForceのテレホンカード

メンバーズカードといいつつもポイントカードっぽいものもあるな。

スマートフォン

愛機のiPAQの電源が安定しなくなったので、仕方ないので仕事で使うこともかねてAndroid携帯IS04を買いました。

iPAQそのものは前に書いたように小さくて非常に使いやすくて、バッテリー買い換えて使うくらいに長く働いてもらったのですが、さすがにUSB接点回りにガタがきて仕方なくです。

Androidそのものはいろいろテスト用に別の機種も持っているのですが、比較的最新の機器を手に入れておこうと思った次第でして。

選択肢としてはAndroid2.1が今でも乗っていて、2.2にアップグレードが約束されているという点と発色数が65万色(別の機種は6万5千)ということで買ったのです。

2種類くらいの方向性の違う機種があったほうがいいかなーと思ったのですが、自分のメイン携帯をこれに変えたのは少しまずかったかなーと(^^;

まず何よりでかい(AV指向の携帯だから仕方ないのですが)。昔仕事で使った東芝のGENIOを思い浮かべましたが(^^;

そして指タッチパネル携帯は文字の誤入力が結構厳しい。まぁ画面が大きい分、まだマシかもですが、以前のWindows MobileやニンテンドーDSのスタイラス操作のほうがまだよかったと思うくらい。OneNote Mobileは結構使い込んでいたので文字入力が安定しないのは実はかなりつらい。

先の発色数の問題がなければHtcのWiMax携帯か、スライドフルキーボードの付いている携帯がよかったなーと思うわけですが、買っちゃったものは仕方ない。

あと3Gネットの定額料金がえらく高いものですな。WiFi接続メインにするのでフラット定額ではなく上限付定額にしたのですが、それでも最低料金が今までの倍(月2000円くらい)になるのだとか。

こういう月々払いのものは結構痛いものです。

3Gオフにするとezweb系のメーラーが使えなくなるみたいだし、連絡先を変えてもらうように連絡せねばだし。

Outlookの情報とかOneNoteの情報とかをどう移行共有させるかも現在悩み中です。クラウド系のツールは個人的には少し怖いもので(^^;

HDDには間違いない

ハードディスクには間違いない。動かした記憶もあります。たしかとんでもない轟音が出ました(^^;

たしか秋葉原のジャンク屋かマイナーなMac専門店で買って、Mac Plusに強引につないだのではないかという記憶が。

たぶんSCSI。今も動くかどうかは不明。というかもし生きてるなら繋いで中のデータを吸い上げるべき代物だな(^^;

パソコン通信時代のログデータできちんと残っているものがものすごく少ないんですよー。FDとかもうペラペラで読めないし(^^; でも一番おもしろい頃のログが残っていたはずなのです。兄に取っておくように頼んだかなー?

GeoPortアダプタ

そろそろ正月に撮った写真ネタがなくなってきたな(^^;

AppleのGeoPortアダプタです。簡単に言って、Mac用のモデムです。

これもわりと即なかったことになった機器の一つですね(^^;

一時期はPowerKeyという遠隔電源スイッチとかと組み合わせてリモートアクセス環境とかも作ったりして遊んでました(Apple謹製のリモートソフトの名前はなんだったっけ。さくっと出てこないな(^^;)

でもそれらも作った割にはまったく役立たなかったなーと思うのです。とにかくこの頃のAppleは構想倒れなものが山ほどあるので(^^;

Mac基盤

秋葉原をぶらぶらしてた頃にどこかの店で見かけて衝動買いしたMacintosh基盤です。Mac128K基盤なのかMac512K基盤なのかは覚えておりませぬ(^^;

当時はすでにMacPlusやMac2siあたりをすでに持ってたはずで、マシンが不足していたわけではないですが、自作箱にMacを入れたらかっこいいじゃないですかーみたいなブームがあってそれで衝動買いしたんだったかな(^^;

その他の部品も結構買ったはずなのだが、まぁそのまま放置してしまったと(^^;

こういうこともあって結局もうハード自作みたいなことからはしなくなったのかな。

いやPCのボードやケースを組み合わせるみたいなことは今もやるのですが、それは自分の感覚ではハード自作とは違うかな(^^

Pippinコントローラ(Mac用)

これまたなかったことになっているバンダイのゲーム機Pippinのコントローラなのですが、そのコントローラにMac接続バージョンがあります(^^

中身もありますが、以前に写真はアップしてなかったっけ?(^^; ないなら中身もそのうちアップします。

以前かかわった案件でPippinを少し使わせてもらったことがあるのですが、これは手持ちトラックボールとしては結構使いやすいものだったので、Mac用の片手トラックボールとして2個ほど買ったのです(^^

今で言う ごろ寝マウスの一種として実によいものだったのですが、MacOSをゲーム機として流用するというのはちょち時期尚早だったかもしれませぬ(^^;

あと当時の考え方がたしか ゲームにもホームPCにも みたいな何でもOK(つまり逆に言うと方向性が絞れていない)機器でして、つまりPS3とかと同じように大風呂敷気味だったというのもイメージとしてあります。

担当の方はがんばってられたのですけどね。

音響カプラ

これまた懐かしいもので音響カプラです(^^;

パソコン通信の黎明期(丁度NTTが草の根BBSとかを展開していた時期ですね)に使っていたものです。その当時は社会に出たてで、会社の寮に住んでました。

で、パソコン通信に興味を持ったが、当時の寮なんて個室じゃないし、寮内には公衆電話しかないし というわけで、夜な夜な寮の食堂にMacintosh一式を一抱えして持ち込んで音響カプラでパソコン通信をしてたわけです(^^;

で、10円や100円やテレホンカードを入れて10分~30分くらい通信していたんですねー。

いや、今考えるとまったくの変な新入社員だったわけです(^^;

今でも相当に変な人なんですけどね(^^;

これは何のボードだったか

これが何のボードだったかはっきり思い出せていません(^^;

おそらく次のどれか。

  1. メモリボード
  2. ビデオRAM(今風に言うとグラフィックボードもどき)
  3. コンピュータ接続型AD/DA変換器

下の方はD-RAMスロットっぽいのだが、上のほうの部品がオペアンプ類のアナログ回路のようにも見えるし、よく思い出せませぬ(^^; 残りの機材が手元に届けばまだ判断つくはずなのだが。

配線の雑さが当時の自分のスキルの限界ですね(^^;

これがよく思い出せないのだが

これがよく思い出せないのだが、Registered Userと書かれているから、リンククラブか何かの初期会員登録時の粗品じゃないかなー。

なんとシステム手帳です(^^;

もしかしたら別の関係かもしれぬ。リンククラブというと途中で運営で不正が起きてごたごたしてた頃がありましたが今でもあるんですかねー?

ちなみにバカでかいシステム手帳ですが、本当に粗品向けの作りで、見た目はわりと派手なのに全然ちゃっちくて使い物にならないものでした(^^

まぁこの手の粗品ってそういうものですし(^^;

自作機キーボード

自分の学生時代を楽しみ込んだ自作機ワンボード(過去の書き込み)は肝心の本体がやはり見つかってません(^^;

でもわずかな残骸はありまして、その一つのフルキーボードです(^^

当時の秋葉原のショップで通販で買ったキーボード組み立てキットを組み上げて繋いでました。

いやこれには本当にお世話になった。

ASCII配列ですが、キートップにコントロールコードが振ってあるのも時代を感じさせるわけで。

まぁとにかく可能性を組み立てて遊ぶというのが実におもしろかった頃です(^^