出力はタイマーである

「推測結果の出力はタイマーの集まりである」という言い方は、今まで考えていた「事象の発生時刻/時刻を推測する」という考え方より、直感的で他者にわかりやすい気がする。

どこの時刻の話をしているのかが伝わらないし説明しにくかったのよね。出力結果がタイマーであるというと、出力結果が出された時刻に対して、検証とフィードバックが未来に行われ、推測の実行が現時刻で行われる というのがわかりやすい。

しかも実装も現実的に近いんじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA