ベイマックス

この前、映画のポイントがたまっていて 紙の月 を見に行って、まーまーよかったので今日はベイマックスを見に行ってきました。

全年齢、全性別向けのディズニーらしい映画でしたが、これは男の子向けですな。

CMイメージからはなんかE.T.(ちょち古いな)的な、日常外存在の隠し事的なファンタジーものかと思っていたのですが、どちらかというとヒーロー物の系列でした。後で調べて、原作がマーベルコミックといわれて、あーなるほどと。海外コミックによくある天才少年と変身ギミック系。

ただ明らかにカラーリングはディズニーなので、結構気楽に笑えて泣ける映画になってました。

和洋折衷感のある風景がきれいだったなー。あとオチは結構泣かされました。

まぁそれとは別に、妖怪ウォッチが結構満員になってたみたい。ベイマックスも結構人がいましたけどね。

妖怪ウォッチもTVを何話か見ましたが、変にひねらない子供向けアニメになっていて、あーこれなら子供がうけるのは納得だなーと。アニメは何かのきっかけで変にひねりすぎた作品が出てきて、子供が離れてオタクが寄ってくるみたいな方向に行きがちなので、こういう作品は安心できるかなーと。

ベイマックスから離れてしまいましたが、ベイマックスはアナと雪の女王よりも男の子向けという意味では自分としてはおもしろかったかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA