2014/06/07

ソフトバンクが発表した感情を持つロボットの記事はよく見ていない。

ただ本当に感情というくくりで言っているのなら、ICOTの二の舞であろう。

感情という言葉は、心理活動の中で論理的に説明出来ない事柄をすべてひとまとめにした言葉にすぎない。

それを言葉や論理で処理出来るというのなら、上記を理解していないということである。

感情を自律生成出来ない系で、感情の処理など出来るわけがないのである。

まぁ彼らは感情がどうこうより、プレゼンテーションの専門家なのだから、プレゼンテーションの手法の一つとしてやっているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA