2014/05/22

すぐれたツールがあればいい仕事ができるわけではないが、いい仕事がしたいならすぐれたツールがあったほうがよいのは間違いない。

では今あるツールでは力不足である場合、どうするのがいいか。

  • フルスクラッチで作る
  • 今あるツールの力を借りながら、不足している分を補う

ケースバイケースではあるが、よほどの長期の大プロジェクトでない限りは、フルスクラッチはよいやり方ではない。少なくともありとあらゆるコンテンツがオープンの思想でネットに出回っている時代にゼロから作る方法では、インターネット時間に間に合わない(オープンソース/無料ビジネス/非合法コピーの話はまた別途。少なくとも私は非合法コピーはほとんどないはず。ゼロという確信まではないが)

なので、既存のツールをなんらかの形で応用・補助しながら、より大きな処理を出来るツールを作って、アウトプットが他をしのぐ物にするのが理想的である。

まぁ理想通りにいってたら、現状がもっとマシな状態にあるはずなので、多くのことは理想通りにはいかなかった という現実はあるわけだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA