同時性

人の扱う認識と意味のすべては、同時性だけで説明できる。

というのが基本的なスタンス。同時性を含まないものは、人に「意味を含むもの」として認識できない。

ただこれはあまりに抽象的過ぎて、理屈で論理的に説明するのが難しい。例示することは可能だが、それが全てに適用できるという解釈をする段階で時刻Aや時刻Bが山ほど出てきて把握困難になる。

それらを集約的に説明する枠組と実装例が必要なのだ。

いくつかの実装サンプルは作ったが、そのサンプルを見ながら、これをわかりやすく説明できる方法があるのかどうかを考えている。またこのサンプルを延長した先に、本当に意味構造が構築できるのかどうかを考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA