ゲームBGMは好きです

TVゲームBGMは全般的に好きです(^^

まぁTVゲームのカルチャーが元々相互インスパイアの歴史なので、BGMもどこかの映画か名曲をパクったような曲が多いのも事実なのですが、それでもストーリーとプレイのタイミングを見計らったような曲とかはイメージが強く残りますね。

昔はサイトロンのゲームBGM集とかも結構買っていました。昔のZUNTATAファンクラブ会員でしたし、今はなき(でいいのかいな?)テクノソフトのBGMCDとかもほぼ持っていたり(^^;今はプレイしたゲームでイメージが強かったものは買います(^^

また繰り返すのを前提の曲作りになっているので、ごそごそ作り物をしているときに聴くのも多いです。短時間でゲームを盛り上げるという必要性があるため、テンションの高い曲も多いです。

最近はあまり多くの種類のゲームはしないので、たまにしか買わないことが多くなりましたが(^^;

最近買ったものだとゼノブレイドサウンドトラックと大神サウンドトラックくらいかな。

どうにも惜しいのが、きちんとしたサウンドトラックが出ていない昔のゲームのBGMがたまに聴きたくなるのですな。

まぁYouTubeやにこにこ動画を見れば、それでも概ねはあるような時代になってきましたが、個人的にも仕事的にもあまり著作権問題の近傍には関わりたくないもので、できれば昔のゲームBGMのコレクション製品とかが出てくれると非常にありがたいのですが(^^

アトミック時刻2

いくつかのキー要素があるが、アトミック時刻はわりとわかりやすいほう。

ゴールまで2人が競争したときに、同時に到着したということはありえない。観測精度上同じに見えることはあるが、観測精度を上げ続ければどちらかが先になる。

ただ不確定性があるので観測精度には限界があり、ある段階でどちらが到着したかは確率になってしまう。

これを単純に、時刻の数値は完全に同じ(時刻的に同じ)であることを許すが、2つの時刻はIDを持つことで識別可能であり、ルール付けによりどちらが先かを決定してしまう というアイデア。

不確定性の雲に強引にルール付けする。因果は個々のアトミック時刻で別々に観測することで、アトミック時刻ごとには因果が完全に成立する(全部のアトミック時刻を時刻という要素だけで並べ直すと因果は成立しない場合がある) という仕組み。

GMとチョコボ

FF11のスクリーンショットは初めてですが、珍しいものだったので(^^

GMにチョコボは乗ります!

誰かに呼び出されていたらしいのですが、見かけたので、スクリーンショットを撮ろうとしたのですが、つい(^^

なんだかTwitterが繋がらないな

なんだかTwitterにまったく繋がらないな。

ページは来ているのだが、中身の文章が来ていない。

ついっぷる経由では中身は見られるのだが、ついっぷる経由でも書き込みができぬ。

ついっぷる側では他の人の中身の更新が来ているところから見て、何らかの設定とか範囲制限とかかかったのだろうか? まぁしばらく様子見にしよう。

一応博多どんたくは見に行ったのです

やっぱ太鼓の低音は響いていいねーと思うわけです(^^

見物の人数が去年を越えたとか出てましたが、印象としてはあまり多かったようには思わなかったのです。初日は曇り空でしたし。

どちらかというとひな壇(正式名称は知らぬが、有料で沿道に置かれる座り席)が例年に比べて少なかったような気はしました。

まぁ新幹線開業で、博多側に多かったというのならそうかもしれませぬ。

若い子達のダンスは元気でよろしいなー。

写真はそのうち整理してアップしましょかね。といっても携帯カメラなのであまりきれいには撮れていませんが(^^;

おい森 : 今日のあやしいネコ

まぁ先週なのですが(^^;

コンセプトは「(ハートマーク2個)」です。

シンプルにかわいく出来ていますな(^^ まぁハートマークはスタンプ機能だとは思いますが(^^