見通し

見通しが付かないことでも、やらねばならぬことはある。

やらなかったら足下が崩れるという見通しは 付いているからだ。

応援はいらない

応援はいらない。

応援して応援されるという関係は理想的ではあるのだが、他人から応援できるようなわかりやすさは私にはない。

自分で自分を応援し続けるしかないのだ。

毎度月曜はどうもねー

月曜は毎度テンションが低いわけでどうにも(^^;

とりあえず粛々とやるべきことをやるしかないか(^^;

ちなみに、見せ物小屋を少し更新。最近はこういう疑似エフェクトが組みやすく作られてるなー。こういうものを付けないと皆気に入らない時代なのだな。まだ組んでて納得のいってない処理も多々残ってるがそれも勉強するしかないか。

ご飯の話

前にも書いた気がしますが、いつもはご飯はまとめて炊いて冷凍しておきます(^^

この前ご飯を炊き忘れて、夜中にご飯をまとめて炊いて寝る前に小分けしたのですが、真夜中でも炊きたてのご飯というのは実においしそうで食べたくなるのを我慢して冷凍しました。

別に特別よい米というわけでもないのですが、やはり炊きたての香りに日本人は勝てないなー(^^

“ご飯の話” の続きを読む

あこがれの地

若い頃には自分の趣味や希望によって、聖地と言われるようなあこがれの土地ができるものです。

遠出を許される歳になったら、一度は一ヶ月くらいそこに住まいを借りて滞在してみるのがよい。

あこがれと希望の土地に見えても、

一ヶ月くらいすれば、そこも多くの他の土地と同じにすぎないことがわかる。

一ヶ月くらいすれば、そこでしか見かけられない不思議な光景にも出くわす。

夢もあり

現実もある

そこから次の一歩を考えてもよいものだ。

まだ親元という退路があるうちに。

わりといいアプローチであるな

Twitter側でも書いたが

「本を書いてみませんか?」――ブログ感覚で電子書籍を作成・販売 ペパボ「パブー」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/22/news053.html

わりといいアプローチだなーと(^^

いや、やってることは単なるブログの電子製版なのだけど、それを今風のタダじゃなく少額販売の枠に乗せたのはいいとこついてるなと。

元々、タダビジネスが元々のフェアトレードビジネスを無責任に破壊するのはどうかなーと思っていたので、こういう枠組みは興味深く見てます。

ただ、これもよく見ると出版社がそれなりの経費をかけて紙出版していた枠組みを低価格・自動化・個人ユースに落とし込むことで、出版社の既存ビジネスを奪い取って壊されかねない仕組みなので、出版社さんはイヤでしょうねー(^^;

それでも、インターネットが情報コンテンツのタダ化をしていた流れから行けば、それに少額でも値段を付けますって流れはよいと思うのですよ。

特に今までこの枠に乗れてたのはiPhoneとかAndroidとかである程度のプログラムスキルのある人だけがやれていたものを、文章書き・絵描き好きの人にまで広げるのはお小遣い循環的にもいい話と思います。

個人で本を出しませんか、ってのは昔からある夢話の一つだしそういうのが好きな人は多いと思いますし。

まぁしばらくたてばiPhoneやAndroidのマーケットと同じように、ほとんどが埋もれてしまうでしょうけどね(^^;

私も試してみたくはあるが、絵心がないものだからなー(^^;

いろいろ引っかかってるなー

うーん、先週は新しいいらんものを作りきれなかったなー(^^;

いや、いろいろ手を出してはいるのだが、もうちょい形を入れ込みたいなーと。

まぁ仕事の方も、よくわからない状態で停滞したままでかつそこそこには忙しいわけで、いろいろ考え込んでるところです。

こういうときだから、がんばる気力を出すためにも、小さくても何かアウトプットを出していかねばならぬのですが(^^;