昨今は経済が厳しい

いや、本当に厳しいですな(^^;
雇用統計も厳しい数字だという話だし。実際、懐もかなり難しい状況ですし(^^;
まぁ一旦、すべてをゼロから考え直すという時期なのかもしれぬ。
こういうときこそ新しいことをはじめるのによいという考え方もある(^^
誤解を恐れずに言えば、経済的な戦中戦後を生き延びて、戦後復興をするくらいに考えてもよいのかもしれぬ。

人は漠然と考えると高望みをしてしまうものだ

人は漠然と考えると高望みをしてしまうものだ
いや、単に思い浮かべるだけであれば、それで空想を楽しんでまったく問題はない。
ただ、何かをなさなければいけないときは、漠然と考えると誤った高望みになるので、具体的に考えるようにすべきだ。
そこに至るためには何をしなければならないか、中間目標をきちんと切り分けていく。
そうすると
残念ながら、空想したものより全然貧弱な最終目標になるかもしれない。
でも、中間目標は少し手を伸ばせばやれることばかりになる。
そこまできりわけたのなら、
あとはそれをやればいい。
やらないよりははるかにいい。

シュタインズゲートじわじわ進行中

まったくじわじわですが、シュタインズゲートを進行中です(^^
おもろいですが、人は選びそうです(^^;
まだエンディングの2つを見ただけなので総評ではないですが、とりあえずは楽しんでます(^^

未知は夢ではない

未知なものに夢をはせることがある。
宇宙、深海、未来世界、科学、神、宗教、各種の神秘主義(UFO等を含む)
しかし未知は本来、夢ではない。
未知に夢を投影しやすいのは、未知であるが故にそこに過剰な物があると期待してしまうとともに、未知はすべての人に平等と思えるからだ。
未知に夢を投影しているのは、夢を作る人達(普通の人の日々の空想もあれば、プロの作家の作劇もある)の創作の努力である。
夢は未知にあるものではない。
夢は人の手で、そして自らの手で作るものだ。

今日はちょち疲れ気味ですなー

やはり週明けは結構しんどいな(^^;
最近は右目の疲れがひどくて、夕刻から夜にかけては目の回りが痛くてしかたがないです。
目を休めつつやるしかないか。
こういうのは暖めるのがいいんでしょうかねー。冷やすのがいいんでしょうかねー。

机の落書き

日記は昔から書かない人だったのだが、落書きノートのようなものは持っていて、そこにいろいろ空想話や思いついたことを書きまくってました。
小学校の頃は、とにかく自分の机に鉛筆での落書きがいっぱいでして、回りからも奇妙がられたものです。
そのままだとカンニングとも思われかねないので、テスト前に消さねばならなかったのですが(^^;
結局、学生時代はいつも机が真っ黒でした(^^;
さすがに就職した後は机に書くわけにはいかなかったので、専用の落書きノートにいろいろ書きためてました。
小さい頃に書いたノートや昔書いたノートは、そのときの感性による書き込みなので、読み直してもほとんど意味が取れないことがある。でも、個々には重要なキーが混ざっているのです。
今はPCの上で落書きするようになったので、これらの断片がわりと整理しやすくて、ほんとに便利な時代だと思います(^^
自分の現在のアイデアもほぼこの中で煮られており、ノートのままではとてもじゃないがまとまらなかっただろうと思いますね。
それらとは別に、思いつきの物語のネタなども断片的にはあるのですが、長文の文才はないのでそっちはとりあえず書き留めてるだけです。
まぁ隠居でもするような歳になってからの小話のネタによいのかもしれない(^^

今年は結果を出したい

子供の頃から研究し続けてきたこと。
最近、かなり形が固まってきた。
ただ本質には到達しきれていない。
部分的かもしれないが、今年はなんからの成果を公表したい。

安いフライパンを買い換える

去年末頃からフライパンの焦げ付きが多くなってきたので、先週買い物に行ったついてにフライパンを買い換えました(^^
高級なほうが長持ちするのは明らかなのですが、元々それほどきれいには掃除できていないので、高いものを買ってもわりとすぐにダメにするのも明らか。
というわけで、特売の1,000円のフライパン(ガラス蓋付き)を買いました。
フライパンの肉厚はうすめなのは仕方ない。普通に冷凍食品でも焼ければ問題なし(^^
というか、やはりやせないとまずいので、最近はダイエット食もどきなものを試行錯誤中で、フライパンの出番がない(^^;
続けばいいのですが(^^;

時の価値

時は金なりという言葉は見た目より遙かに正しい。
時間の価値はほぼ完璧に人間の扱う価値観に直結している。
時間=価値 というのは、ほぼ原理レベルの命題である。
そして、お金を使えばのほぼあらゆる時間を省力化ができるので、お金には価値がある、という導出が行われる。
ほとんどの時間の省力化や時間の延長には、お金が大半のケースで役立つ。故にお金には力があるというのは、かなりの場合で正しい。
しかしながら時間の省力化や時間の延長にお金が役立たない分野では、お金に力などない。
寿命を延ばすのに、お金は役立つが、今のところいくらお金があっても不老不死とはいきそうにない。

雪ですねー

久しぶりの雪です(^^
結構寒いです(^^; たまにならいいのですが(^^