不条理は日常であってよい

不条理なことは世界に普通に存在する。空気や水なみに普通の存在である。
それが不条理か不条理でないかは、きわめて個人的で主観的なことが多い。
不条理だから、やらない、拒否する、訴える、闘争する というのは、別にあなたのことなのだからしてもかまわないのだが、正義を振りかざすのは正しくない。
不条理は直接には悪という性質はない。不運に近いものである。
偶然木の上から、堅い木の実が落ちてきて頭に当たったとしても、機嫌が良くないときは不条理と感じるものだ。
この木を切り倒すべきか。
切り倒したら、もう木の実は食べられない。
うかつに木には近寄らないという経験だけで、この問題はうまく回るようになる。
だから不条理とうまく付き合うことも学ぶべきことである。
P.S.
物理的な不条理を改善する方法を見つけることは、しばしば発明に繋がる。
人的な不条理を改善する方法は本当に難しい。
戦わなければならない不条理もあるかもしれない。しかしすべての細かい不条理に戦いを挑むのは、無駄でありわがまますぎである。

“不条理は日常であってよい” への2件の返信

  1. こんばんはー(^^
    難しいんですよねー。でもまぁあまり小難しく考えずに楽しんでいればよろしw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA