南田洋子さんですか

非常に残念な話です。
イメージ的には、いつも元気にしゃべっている人って感じがあるのです。
だから病気の件も含めて、惜しい人だなと思います。
お悔やみを申し上げます。
少し前には私が子供の頃に「大御所」って言われていた人の悲報が多かったのですが(渥美清氏とか)、最近になってきて私が子供の頃に「今のっている人」って人の悲報が増えてきた気がします。
つまり順番的に言うと人ごとではなくなってきているのだなーと。
まぁもう自分が子供の頃に「お父さんの歳っていくつ?」って聞いたときの歳を私自身もうはるかに過ぎてるわけですからねー(^^;
ちょち考えてしまいますな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA