週末くらいは晴れぬかなー

ここ最近、曇りばかりであまりよろしくありませぬ。
このくらい曇っていたら、夕立がさーっと降って、からっと上がってくれるほうが気持ちがよいのだが。
今週末は晴れればよいなー。花火大会が伸びるのはよろしくないなー(^^;

単調に打ち勝つ

超クリエイティブに見える仕事をしている人でも、日々にやってることのほとんどは単調な作業の繰り返しなのだろう。
思いつきみたいなことは、瞬時に起きて瞬時に記録するだけ。
思いつきを実現に持ち込むときは大変なことだが、それでも日々の大半は日常のルーチンワーク。
実現された新アイデアも、実用に持ち込むためにはルーチンワークに落とし込まなければならないし、落とし込む頃にはどんな新アイデアも単調な作業になってしまう。
つまり何をするにしても、単調な繰り返しを自分に負担をかけずにこなす方法・手法は学んでおいて損ではない。

先週は雨がすごかった

先週末は雨が半端じゃなかったですねー。
いや割とこの近くの場所が避難警報が出たとかTVに出たりして、ちょち驚いてましたが(^^;
浸水するような地区ではないものの、小さな川はあるので何か出たりしないかちょっと気にしてました。
あれだけの雨は久しく見てないなー。それに先週末以来、きちんと晴れた日がないなー。晴れるならきちんと晴れてくれたほうが気分はいいのですが(^^

テイルスもうちょいかなー

本当にちょこっとずつテイルスオブヴェスペリアを進めています(^^;
もうちょいで終わるはず(^^;
いや、JRPGとしてきちんと作り込んであるなーと(^^
この歳になると、ちょち話が青臭いと思わぬでもないですけどねー(^^;
まぁこの手のものは浸って楽しむものではあります(^^;

とりあえずドラクエ9を買おうかと

実は近年のドラクエはほとんど買っていないのです。
きちんと買ってやったのは3,4くらいだけなんです(^^; 確かにおもしろかったのです。
定評も含めておもしろいのは間違いないと思っているわけなんですが、なんとなく定番にしばられるのもなんだなーと思っていたもので。
それに鳥山氏の絵も含めて、ジャンプ系マンガって苦手なんですよー(^^; まぁそれはさておき。
ドラクエ9は久しぶりに買ってみようかなと思います。
どちらかというと甥っ子らの接待目的(間違いなく買ってるだろうし、時期的にはアドホック通信プレイでの接待ですな)だけど、まぁ無難にはおもしろいのは確かだろうし(^^
ところでドラクエ9の通信プレイってプレイヤー間LV格差が大きいとおもしろくなくなる性質なんでしょかね?(^^; きっとお盆までではすごい格差がつけられてるでしょうから(^^;
「おっちゃんよわっちー」っていう形でウケるのならまだしも、通信プレイで足をひっぱりまくりで棺のままで引っ張り回されるのはちょちなんだなーと思うもので(よく調べていないのでそういう形になるのかどうか知りませぬが)
まぁ週末にお店を回るのがいいのか、アマゾンとかの通販にするかは迷い中(^^;

日食ありましたねー

やや曇り気味でしたが、日食久しぶりにみました(^^
不思議と言えば不思議な風景ですな。ニュース記事だともう少し細くなるのかと思ったら、光が強いので細いって感じはしませんでしたが(^^ まぁ曇りな分、見やすくはありました。
曇りでの散乱光があるせいか、劇的に暗くなるとかはなかったですね。晴れてたらもうちょい不思議な光景になってたかも(^^

ゲームの害についての私の考え

ゲームの害みたいなものはよく語られます。
害があるという立場と害はないという立場と両者がよく議論していますし、ゲーム脳の話は、きちんと科学的な論証がなされていないという話もよく聞きます。実物は読んだことないですけどね。
私は、ゲームはお酒と同じくらいの害はあるのだという立場です(ものによってはタバコと同じくらい?)
強めの嗜好性があるすべてのものには、すべて過剰摂取(中毒)が起きうる。ある程度の危険性を認知しておくべきです。
適度の飲酒は健康によいと言われているし、アル中で身を持ち崩した人の話もよく聞くし、20歳未満は飲酒禁止という法律があり、でも年に数回おとそくらいは皆で飲むものです。最近のお酒には妊婦の方の安全性に疑問があるという記述が書いてあるし、車に乗るなら法律で飲酒禁止ですし、飲酒事故の悲惨さから絶対飲むなと広く啓蒙されています。ストレスの多い仕事をしている人は肝臓に負担がかからない程度には飲まないと、逆に精神がすり減って動けなくなってしまう。でも肝臓を壊すほどに飲んだら病院から出られなくなる。
お酒は毒とは一般に言いませんが、妊婦の安全性は不明・運転中は禁止・未成年は禁止(設定年齢が妥当かどうかは別の議論ですが)という風に、状態によってある種の制限すべきものです。
ゲームにも同程度のリスクはあるように思います。
とりわけ連続継続にかかる身体負担が少ないものは気づかぬうちに過剰摂取になりやすい(例えばスポーツなどは、体の疲れが適度にブレーキとして働くわけですが、ゲームは主に指と思考だけで進むので過度の連続状態を保ちやすい) 本だって、一日中読み続けたら害になるものです。
それを法律などでしばるかどうかは、社会的な判断が必要。強権で縛るのは別の失敗を起こしがちだし。
でも害がまったくないと言い切るのは誤りだと思っている。

人の本気はあなどれない2

本気はやらずにすむなら、それが一番よいことなのかもしれない。
本気をやらずにすませられるのなら、それは平和な風景をうむ。
ただ、一生本気をやらずに済むなどということは絶対にないだろう。ならば本気を自分で制御できるようにトレーニングするほうがよいのだと思う。

久しぶりの以前の街へ

お祭り騒ぎをはたからみつつ、かつ自分ではなにもせずに(^^; ビールでも飲みつつ見てるのは好きです(^^
今年は結局風邪をひいて、どんたくを見に行けず。なので百道関係のTV局イベントは見に行きたいと思っていたのでTNCのイベントを見に行きました(^^
悪くはないのだが、予想よりこじんまりしているような(^^; やっぱり不況ですかねー。
最近この手のイベントごとはよくもわるくも吉本芸人がよく配置されているわけで。
悪くはないのだが、芸人というより、トークを主に習得したイベントコーディネーター企業ってイメージもします。いや悪くはないんですよ。あらゆる産業は合理化していくものですから。予定調和に収束していくのをはたから文句はいえませぬ。
ここから市立図書館は近く、久しぶりにのぞいてみる。
何もないときはとりあえず、新聞の縮刷版を読みます。以前にも書いたような気がしますが、新聞の縮刷版はちょっとしたタイムマシン風で、いつもなんらかの発見と懐かしさがあります。自分が仕事しか考えずに通勤路を往復していた頃に、こういうことがあったのかーとか(^^;
この頃に常識に思っていたことが全くの間違いだったと感じたとき、あー今自分が常識に思っていることが将来まったくの間違いだったと思うことになるのだなーと予感するのです。
以前に住んでいた場所はここからわりと近く(といっても小汚いワンルームでしたが)、久しぶりの街を見て回りました。
知ってる数少ないおいしい店で晩飯を食べて、
あー、この店はもうなくなったのか、この店はよく続いているものだなーとか思いつつ、歩いていると
ちらほら浴衣姿やいっぱいの子供が騒いでいる通りに行き着きました。
高取商店街の夏祭りっぽいイベントでした。
この商店街ってこんなに活気があったっけ? って思うくらい人混みができていましたねー(^^
夜店風のお店も収益というより、ボランティアっぽい値付けです。ご飯を食べてなかったら、ここで何か買えばよかったなー。
なにより子供が無邪気(悪ガキどもというニュアンスも含めて)に走り回っているという情景をここしばらく見てなかったので、気持ちいい風景だなーと思って見てました(^^
近くの学校の和太鼓部の人たちも来て叩いてました。やっぱり太鼓の迫力にはあがなえないものです。太鼓には邪気を払う力があるのだと改めて感じます。
よいものを見せてもらったなーと思いつつ、やはり土曜くらいは外に出ていろいろ変わったものを見て回るべきだなーと感じて帰りました(^^

人の本気はあなどれない

人の本気はあなどれない。
ただ、それは本気をやれる人だけだ。
本気をやれない人は怖くはない。
P.S.
本気をさとらせない人間はそれよりさらに怖いかもしれない。