最良の選択にはこだわらない

最良の選択にはあまりこだわる必要はない。
常に最良の選択などできはしない。
注意すべきは、大失敗をしないことだ。
大失敗は必死に回避する。
最良の選択はそれが可能なときだけすればよい。
受け身のように見えるが、それが立ち回りの基本だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA