ハッピーフィート&ナイトミュージアム

ようやく忙しい時期も一段落してきたので(まぁ2週間くらい余波がありそうですが)、娯楽系洋画2連チャンで(^^
ナイトミュージアムとハッピーフィートを見てきました。
ナイトミュージアムは無難に楽しめるファミリー向け娯楽映画に出来上がっていました。博物館の展示物が夜に動き出したらってテーマは昔からよくある単純だけど興味津々なネタですよねー(^^
CGがリアルなのはもう昨今のことなのですが、過剰な演出など妙に観衆にこびたCGではなく自然に見えるって方向を優先しているのが好感が持てます。
特筆するほど感激しますってものはないのですが、無難に見る人を楽しませる良作に仕上がってると思います(^^
ハッピーフィートは逆に近年のCGをフルに使い込んだ映画ですねー。ただCGだけでなく話し的にも、小さな男の子ペンギンの冒険譚をきちんと仕上げている感じですね(^^ 解析的に言うと田舎で生まれた主人公が冒険をしつつ都会(?)に出てきて、成功を持ち帰ってくるという昔ながらのパターンですが、田舎に相当する北極の生活の話しを基軸にしているのでドラマにもなっているし(^^
ドラマにはなっているけど、これをCGではなく実写やアニメにするとやや古くさい印象があるかもしれないです。逆にいうとCG長編アニメが立ち上がった今の時期だからアリな作品とも言えますし、その他の冒険映画が変に難しい話しになりすぎているということかもしれませんが。
まーオチがやや出来すぎというか、日本人にはちょい耳が痛いというか(^^;という点はありますが許容範囲でしょー(^^

最後の1割の壁

8割方出来上がった状態で残りの1,2割を完成に持ち込むのに、ものすごく気を遣うことがある。
一番エキサイトなのは、最初の試作処理が動き始めるときと、主要な処理がつながったときだ。
考えたものが思惑通りのトリックを見せてくれる瞬間である最初の試作動作。
主要な処理がつながって動き出して、ソリューションの流れが見える連結動作。
で、えてしてこのあたりまでで気力を使い果たしているものだから、細かい未実装や不具合がまだ残っている状態であるあと1,2割ってところで気力のバランスが崩れやすいのだ。
疲れているんだから、休めばいいわけだがえてしてそうもいかない時期だったりする。一方で、ここで休んでしまうと完全に力が抜けてしまって1週間くらいダラーっとしてしまいそうな感覚。また設計状態にもよるが、頭を完全にクリアにしてしまうと、作った部分を忘れてしまいそうな感覚。
経験的に言うと、こういう状況のときは少し休んだ方がいいってのは頭ではわかってるんですけどね(^^;
この1割がしんどいが、ここを超えないと完了しないのだなー。

どうぶつの森 久しぶり

しばらく忙しかったですが久しぶりの村です(^^ (休日は少しずつ世界樹の迷宮進めてたり(^^;)
およそ2週間弱ぶりくらい?(^^; 起動直後にぱっとみラフレシアとかわいている様子はないので一安心。そのまま電源をいれて「ひさしぶりー」って言われるのもありかなーと思いつつも、今回は前回と同じくらいの日付から開始です(^^;
で、ツネキチくんの露店日。今日は3品中2品が同じポトス? 同じ品物が並ぶこともあるのか(^^; とりあえず手前のポトスを買ったら、奥のポトスが売り切れになりました。
ハッピールームアカデミーからのお手紙が「125814 セットは大変だけど・・」になっている? 点数は同じだけど文面ははじめてみたかも?
やっぱりそのまま起動して「ひさしぶりー」って言われたほうがよかったかな(^^;

さすがに

忙しい時期とはいえ、休日まで仕事するのはちと鬱ですよー(^^;
まぁそれでも今までの中で突出してしんどいわけではないのですが、それでもねー(^^;
どちらかというと去年末から患った顔面麻痺のほうが目の負担になって面倒だなー。。。

おーぷんどっくTシャツ



さて得意の Obsoleted projectsの引き出物シリーズで(^^;
OpenDocのTシャツですね。
今、鑑みるに これは破棄されたのは正解だったのだと考えています。
同種技術のOLEが、未だにWindowsの中で形を変えつつ生きていながらも、セキュリティやコンポーネントの複雑化など不便な問題のほうがはるかに多いという状況。ネイティブコードでのコンポーネント技術が増えすぎなかったことが結果としてよかったのだろうなーと。
いやでも、工数や努力という意味ではたくさん破棄されてますよ(^^; もうそういうレベルの問題は「運がよいか運が悪いか」の世界なのかもしれません。
じつはこれよりレアなTシャツもあるのですが、あっちはデザインが比較的マシだったので実家に置いてきてるみたいなのだなー。捨てられていなければいいのですが(^^;

どうぶつの森 今日のあやしいネコ

今日来訪した あやしいネコさん
さくら村 みか さんの
「むしでおおわれたかお」くんです。
完全な1ピクセルごとの白黒パターンくんなのですが、たしかDSのパターン塗りには1ピクセルパターンはないはずで、全部手で1点1点塗ったんですかねー(^^; これは努力賞というか、ずいぶん暇してたのかーと(^^

あいびーえむ腕時計


ちょいとアップル関係のものが多かったので、少し方向を変えてと。
これは比較的最近のものですねー(といっても数年前のはずですが)
こういう引き出物になりやすいのは、Tシャツだとかペンとか腕時計とか、わりと安価だけど高そうに見えるものとかが多いですねー。
まー記念にはいいのですが、そういうのを作りたがるプロジェクトほど、しばしば中身がなかったような気もしてます(^^; でもこのときのプロジェクトは(中身の有無は別として)とりあえず完了はしたのかなー。

バブルへGO

少し前に、映画の「バブルへGO!!」を見てきました。
なんというか、バブルのIFもの映画を期待していたのですが、これは広末涼子のアイドル映画だったんですな(^^;
見たかったのは「バブルの時代にもし(IF)なんたらになったら、こういう仰天事態になってた」とかいうIFものかと思っていたものだから、最初の設定説明で「どういう話し?」と理解不可能状態になって、中盤以降でようやくアイドル映画と理解。まー広末涼子はかわいかったんですけどね。
バブル頃、私は(間接的なものを除き)よい目も悪い目も合わずに見事に通り過ぎられた者でして(^^;
なんか財テクブームとか、会社の休憩室に日経マネーとか財テク雑誌がなぜか多数置いてあったりとか、当時の課長の奥さんが株を買ってるとか、そういう話しを聴きながらも当時は仕事一辺倒(&ゲームとネットで暇つぶし)でお金がどうとかいう話しはなにも興味がなくてですねー。
まー妙に金ピカなデパートが出来たなーとか、当時の会社もよくビルの増築をするものだなーとかそんな感じだったかな(^^;
で、バブルの時代に山ほど遊んでいたヒトや死ぬほど借金をかかえたヒトがでたという話しを理解したのは、バブルが完全にはじけた後の話でして、「あの頃はとてつもなくいい思いしてたヒトがいたのだなー」などと後になって感慨深く思うわけです。
直接被害を受けなかっただけマシなのでしょうが、当時がどんなものだったのだろうなーと思って、ずいぶん前に総合図書館でバブル直前の新聞の縮刷版1年分とバブルが見事にはじけて株が下げ止まらないという時期の1年分を流し見したことがあります(^^
直前の1年は普通に新聞の記事なのですが、ところどころにかっこいいコピーだけの見開き広告だとか、海外の会社を買い取ったとかいう記事とか、こういう時代だったのだなーと。
直後の1年の経済ページに出ている証券会社のアナリストの一言コメントがおもしろい状況でしてねー。
最初はアナリスト担当者が「底を打ちました」というコメントが書いているんですが、月が進むにつれて課長さん>部長さん>所長さん とか「底を打ちました」って書いているヒトの役職が上がっているんですよー(^^
そういう時代だったのだなーと(^^
で話しが戻りますが、そういう時代のIFもの映画なのかなーと思っていたら、単なるアイドル映画だったので、私としてはちょいなんだなーと(^^; 広末ファンの方にはよかったんではないでしょか(^^

どうぶつの森 ホンマくんに会いに

3月いっぱいはちょい忙しい状況が続きますので、ぼちぼちいきます(^^;
で、最近スキップしすぎたのかツネキチくんが予定の曜日に来てません。合い言葉のお手紙は来てるんですけどねー。
というわけで、今日はわざわざホンマくんに会いにスキップです(^^
1キャラだともう販売できる保険は終わったんですかねー、まぁ元の曜日に来てもらうようにお話します。
どこかすれ違ったときに引っ越してきたと思われるジーニョくんですが、あまくさ村から引っ越してきて87日目だそうで(^^ うちから引っ越していった子もどこかいるんでしょうかねー?

まっくてぃっしゅ



これはいつ頃もらったものかなー? すでに覚えてないですが(^^;
どこかのパソコンショップの店頭だったような気がします。
こんな風にMac関係のものが多いとMacファンと思われるかもしれませんが、どちらかというと私怨があるのでファンではないです。。。
最近あってるMacのCMなんてよく虚偽広告扱いにならないものだとあきれて見てますが(^^;