ゼルダの伝説 中間報告

現時点、私的にはゼルダの伝説トワイライトプリンセスが一番稼働時間が長いのです(^^
まだ中程だと思うんですけど、いやおもろいです(^^
アクション謎解きパズル(演出付き)に久しぶりに悩んではスッキリ!ってやってます。
演出もなかなかなのですが、任天堂系ゲームは仕組みの緻密さがやっぱり味だと再認識してたり。
ストーリー:
牧童のリンクが困っているゼルダ姫をお救いしました。終わり。
(いや中盤なので本当にそうかは確信ないですが(^^;)
演出はもちろんもっといろいろ話しが詰まっているのですが、ストーリーについてはこれで十分ってことです(^^
やっぱり肝は巧みに作られたトラップステージやボスステージをどう解くかを楽しむのが正解です!
感覚的に言うと
ダンジョンの次の部屋にいくと、脳トレCMの声で
「問題です。この部屋の入り口から出口に出るためにはどうすればいいでしょうか?」
ボスステージに入ると、同じく脳トレCMの声で
「問題です。このボスの弱点はどこでしょうか?」
って感じです。だからこのゲームを攻略情報を見ながら解くのは、推理小説の犯人を調べてから読むのと同じくらいもったいないと思います。
トラップ難易度は歯ごたえありつつも難しすぎないよいバランスだと思います。接写ボタンで見回しているとなんとなく気づくものから、半日くらい考え込むものまで。わかんねーって言って夜終わって、次の日仕事しつつ「あれ、あそこであれしたらどうだろ?」とか気づいて帰ってやってみるとあっさり勝ったり(^^
解けるとIQサプリみたいに「スッキリ!」ってやつですね。
あとアクション的にはWiiリモコンを使うことで下がっていると思います。上記のように答え(弱点に気づくとか)が解けないと勝てないのですが、リモコンを振り回すことでそこそこ逃げ回ったり緊急回避できたりするのでわりと謎解きのほうに集中できます。ボタンも少ないので指がもつれて失敗ってことも少なめですし。
アクションは下手の横好きを自認している私としては、適切な難易度です(^^ アクションは得意って方はGC版のほうがいいかもですね。
まーまだ中程なので、最終的にはまだわかりませんが(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA